あいちょう

愛知の食産業をサポートする中部日本料理研究会の「あいちょう」です。

教育研修活動

学校等調理講師の派遣

調理師学校等の要請に応じ、派遣いたします。

第392回定例研究会 一皿料理

第392回定例研究会
  一皿料理
 協賛商社
*ヤマシン株式会社
*金印株式会社
*株式会社岸田商会

創意和食 「野むら」 野村邦護
   「魚鉄」   加藤大祐
   「なだ万」  三森俊彦
第392回定例研究会

普茶料理  石原 昌也先生
 
 普茶料理とは、仏教の慈悲の心で肉魚を使わず、山菜や海藻等の加工したものに調理法を工夫して、僧院の美味健康食を作り出した精進料理なのですが、これらは江戸初期に黄檗宗の隠元禅師がわが国にもたらしたもので、黄檗寺院で大法要や大行事のあとに全山の者が一堂に貸して謝茶(慰労会)会食のことです。

   普茶料理の菜単(さいたん、献立)
@茶(煎茶)A菓子(麩焼煎餅)B前菜(煎茶のつまみ)C麻腐(まふ、胡麻豆腐)D寿免(すめ、清汁)E雲片(うんぺん、野菜の葛煮)F笋羹(しゅんかん、野菜の煮物)G巻繊(けんちゃん、もどき料理)H油 (味付け天婦羅)I浸菜(しんさい、和え物、浸し物)J飯子(はんつう、御飯)K醃菜(えんさい、漬物)L水果(すいご、果物、甘味)
第391回定例研究会 一皿料理

 東急ホテル なだ万 
   池田 純次氏

 TKP名古屋ガーデンシティー
 日本料理 伊勢 
   青山 吉成氏

     魚鉄
   福永 貴之氏

     野むら
   野村 邦護氏
第391回定例研究会 一皿料理

 名古屋クラウンホテル
  黒川 尚人氏

 料亭 大森
  山腰 亨氏
第391回定例研究会

懐石に合う和菓子
尾張菓子 「きた川」 
  北川 玉一氏
前の5件  次の5件   [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39]